TSUSHO

あなたの”物欲”を刺激するモノメディア。

パソコン・スマートフォン

プリンターのおすすめ10選!1万円台&高性能のものまで厳選

更新日:

プリンターを使うたびにコンビニに行くのは面倒ですよね。

たまに使う程度なら良いですが、大学生や仕事で資料作成する方が多い人だと、しょっちゅうコンビニに行く手間もプリンター使用コストもかかってしまいます。

プリンター使用機会が多い方は、自宅用に1台あると作業がぐんと楽になりますよ!

今回は、プリンター選びのポイントから、1万円以内で購入できる格安プリンターから高性能プリンターまでご紹介します。

プリンター選び5つのポイント

①用途に合わせた印刷方式を選ぶ

プリンターには、二つの印刷方式があり、それぞれに適した用途があります。

  • インクジェットプリンター
  • レーザープリンター

インクジェットプリンター

家庭用プリンターでメジャーなタイプで、イラストや写真のように、色彩豊かなものを印刷するのにぴったりです。

インクを微粒子状態に変えて吹きかけて着色し、色彩を再現します。

インクカートリッジを使うのですが、カートリッジを交換する手間とカートリッジ代がかかるのが少々難点です。

カートリッジはリーズナブルを選べば、ランニングコストが節約できます。

レーザープリンター

コンビニやオフィスで使われているコピー機が、レーザープリンターです。

サイズが大きいですが、普段コンビニやオフィスで使っている業務用と違い、家庭向けのレーザープリンターは小型になっています。

書類を大量に印刷するのに向いているので、課題を大量印刷することが多い大学生や、書類をまとめる仕事が多いサラリーマン向けです。

本体価格はインクジェットプリンターより高めで、イラストや写真の解像度は劣りますが、ランニングコストが比較的かかりません。

②機能でプリンターを選ぶ

印刷することに特化した単機能プリンターを選ぶか、写真を印刷することに特化したフォトプリンターを選ぶか、求める機能に合わせて選びましょう。

単機能プリンターは機能はシンプルですが、リーズナブルで本体のサイズがコンパクトなので、収納しやすいのが特徴です。

文書を印刷するだけ、という方は単機能プリンターで十分でしょう。文書以外に、写真や年賀状も印刷できますよ。

一方、フォトプリンターはパソコンがなくても、スマホやデジカメにあるデータをそのまま使って印刷できます。

サイズ指定ができないものが多いですが、写真だけ印刷できれば良い、という場合はフォトプリンタータイプを選びましょう。

さらに、ファックスやスキャナー機能も使いたいなら、複合タイプのプリンターがおすすめです。

紙の媒体をスキャンしてPDFデータにできるので、紙媒体の処理もしやすいですよ。

価格は高価ですが、色々な機能がついているため、今は必要のない機能でもいずれ必要になったときに便利です。

③インクのタイプもチェックしてコスパ節約

プリンターに使うインクは主に3種類あります。

  • インクジェット一体型
  • インクジェット分割型
  • トナー(レーザープリンター用)

インクジェット一体型

カラーが数色一つにまとまったカートリッジで、少量印刷に向いています。

一つの色がなくなれば、他の色が余っていても交換しなければいけない点が難点ですが、交換が簡単なのがメリットです。

大量印刷すると、カートリッジ交換の頻度が増えるので、あくまでも少量印刷向けになっています。

インクジェット分割型

印刷量が多い、同じ色をよく使うという方は分割型のカートリッジ対応のプリンターを選びましょう。

カートリッジ交換に手間はかかりますが、ランニングコストはかかりにくくコスパも良いです。

トナー(レーザープリンター用)

カートリッジ価格は一番高いですが、大量印刷向けで結果的にランニングコストがかかりにくいタイプです。

プリンター使用回数が多い、大量印刷することが多い方向けですが、カートリッジに合わせてドラム交換も必要なので、カートリッジとドラムどちらの交換も頭に入れておきましょう。

④配線タイプをチェック

プリンターの配線方式は、Wi-Fi対応と直接配線するタイプがありますが、おすすめはWi-Fi対応のプリンターです。

パソコンやスマホ、デジカメまで配線不要ですぐに使えます。配線不要なので収納場所を選ばないのもポイントです。

さらにUSB対応なら、Wi-Fiを使わずに印刷できます。

⑤大量印刷には一度に印刷できるADF機能付きを選ぶ

10枚、20枚と大量にコピーをしたいときに便利なのがADF機能です。

1枚1枚コピーすれば時間がかかってしまいますが、ADF機能ならコピーしたい順に置くだけで勝手に1枚ずつ読み込んでコピーできます。

また、ADF機能以外に両面印刷可能かどうかもチェックしておきましょう。

価格重視の人向け 1万円以内で買えるおすすめプリンター5選

1. エプソン A4 インクジェット 複合機 カラリオ PX-049A

エプソン
¥5,448 (2019/09/21 14:25:03時点 Amazon調べ-詳細)

特徴


・プリンターの種類:複合タイプ
・印刷方式:インクジェット
・カートリッジ:分割式
・配線:Wi-Fi対応、無線LAN
・サブ機能:スマホ対応、フチなし印刷

プリンター機能のほか、スキャンとコピーもできる複合プリンターです。4色顔料で鮮やかにプリントでき、写真の逆光も自動補正してくれます。

専用アプリでスマホやタブレットから操作プリントできるのも便利です。本体価格もリーズナブルで、学生さんでも購入しやすく、ファーストプリンターにおすすめですよ。

2. ブラザー プリンター A4 インクジェット複合機 DCP-J577N


特徴


・プリンターの種類:複合タイプ
・印刷方式:インクジェット
・カートリッジ:分割式
・配線:Wi-Fi、USB対応、無線LAN
・サブ機能:自動両面印刷、フチなし印刷、スマホ対応

インクは染料と顔料で、文書も写真もくっきり鮮明に印刷できるプリンターです。

インク交換1回で最大500枚のA4カラー印刷、写真入り年賀状は870枚も印刷でき、自動両面印刷で用紙コストもかかりにくいのが特徴です。

富士フィルムの「画彩 写真仕上げPro」専用モードで、クオリティの高い写真プリントができます。

3. Canon インクジェットプリンター PIXUS iP2700

キヤノン
¥16,980 (2019/09/21 14:25:04時点 Amazon調べ-詳細)

特徴


・プリンターの種類:単機能
・印刷方式:インクジェット
・カートリッジ:一体型
・配線:USB対応
・サブ機能:ー

プリンター機能に特化したキャノンの格安プリンターです。

格安、と言ってもキャノン製なのでプリンター機能は優秀、ワンタッチで交換できる「FINEカートリッジ」で、操作も楽チン。

インクのカートリッジも写真と文字に強い染料、顔料インクの4種類で、文書も写真もキレイにプリントできます。

機能はシンプルですが、プリンター機能は問題なし、USBケーブルを使えばパソコンなしでもすぐにプリンターできる優秀プリンターです。

プリンター機能があれば十分、という方におすすめ。

4. キヤノン(Canon) インクジェットプリンター ピクサス TS3130S

キヤノン
¥4,985 (2019/09/21 14:25:05時点 Amazon調べ-詳細)

特徴


・プリンターの種類:複合タイプ
・印刷方式:インクジェット
・カートリッジ:一体型
・配線:Wi-Fi対応、無線LAN
・サブ機能:フチなし印刷、自動電源、スマートスピーカー対応

多機能なのに1万円以下で購入できるモデルで、一体型インク使用でランニングコストはかかりますが、色々な機能が一台で使えますし初期費用もかかりにくいのが魅力です。

コピー、スキャナ機能のほか、スマートスピーカーで音声操作でき、コピー機能は自動で用紙に合わせた印刷ができる「自動変倍コピー」機能がついています。

専用アプリを使えば、スキャンした画像をスマホに保存可能です。

5. ヒューレットパッカード インクジェットプリンター ENVY 5020

¥6,080 (2019/09/22 02:11:22時点 楽天市場調べ-詳細)

特徴


・プリンターの種類:複合タイプ
・印刷方式:インクジェット
・カートリッジ:ー
・配線:Wi-Fi対応、無線LAN
・サブ機能:フチなし印刷、自動両面印刷、スマホ・タブレットスキャン可能

アメリカの電子機器メーカー、ヒューレット・パッカードの格安プリンターです。

1万円以下のモデルでも両面印刷可能、無線LAN付きという優秀なプリンターがそろっています。

中でも、こちらのモデルはリーズナブルかつ本体が薄型で収納しやすく、見た目もスタイリッシュでおしゃれです。

機能も印刷、プリンタ、スキャンと多機能、「デュアルバンドWi-Fi」機能でネット接続環境を安定にキープし、スムーズに印刷できます。

機能性で選ぶ人向け ハイクオリティなおすすめプリンター5選

1. ヒューレットパッカード Photosmart 5521 A4カラー複合機

ヒューレット・パッカード
¥17,798 (2019/09/21 14:25:05時点 Amazon調べ-詳細)

特徴


・プリンターの種類:複合タイプ
・印刷方式:インクジェット
・カートリッジ:独立型
・配線:USB、無線LAN対応
・サブ機能:エアープリント機能、フチなし印刷

「無線ルーターがない、けど配線は面倒」という方におすすめな複合型プリンターです。

スマホやPCがあれば、プリンター本体と直接繋いで印刷ができ、面倒な操作なしでスピーディーに使用できます。

2. キヤノン PIXUS TS8130

キヤノン
¥14,500 (2019/09/21 14:25:06時点 Amazon調べ-詳細)

特徴


・プリンターの種類:複合タイプ
・印刷方式:インクジェット
・カートリッジ:分割型
・配線:Wi-Fi、USB、無線LAN、Bluetooth対応
・サブ機能:フチなし印刷、自動両面印刷、6色ハイブリッドインク

「写真をより鮮やかにプリンターしたい」という方におすすめなプリンターです。6色のハイブリッドインクで色彩豊かな写真もくっきり鮮やかに印刷できます。

用紙を同時にセットできる「2WAY給紙」で用紙替えも楽チン、操作は本体についたタッチパネルでスイスイスムーズに操作できるハイクオリティな一台です。

3. ブラザー レーザープリンター HL-L3230CDW

ブラザー工業
¥23,699 (2019/09/21 14:25:06時点 Amazon調べ-詳細)

特徴


・プリンターの種類:単機能
・印刷方式:レーザー
・カートリッジ:分割型
・配線:Wi-Fi、USB、有線無線LAN
・サブ機能:自動両面印刷、ページレイアウト機能

家庭で大量印刷をするなら、レーザープリンターの中では比較的リーズナブルなブラザーのレーザープリンターがおすすめです。

複数ページを1枚にまとめるページレイアウト機能付きで、データがまとめやすくなります。

毎分24枚の高速印刷で、急いでいるときの印刷もスピーディーです。

本体購入時の価格はかかりますが、プリントコストはモノクロで1枚およそ3円、カラーで18円と、コンビニでプリントするよりもコスパが良いので、仕事や学業で大量印刷することが多い方は1台あると便利ですよ!

4. エプソン モバイルプリンター A4 インクジェット スマホプリント PX-S05

EPSON ビジネスプリンタ PX-S05Bビジネスインクジェット PX-S05B [ブラック]

特徴


・プリンターの種類:単機能
・印刷方式:インクジェット
・カートリッジ:ー
・配線:Wi-Fi、USB、無線LAN対応
・サブ機能:フチなし印刷

エプソンのモバイルプリンターは、最小&最軽量ボディでA4サイズの印刷がモノクロで最大100枚まで使えます。

無線LANで使えるので、出先で印刷ができ、急に資料が必要になったときも便利です。

印刷スピードもコンパクトタイプのプリンターにしては早く、市販のモバイルバッテリーで充電もできます。

出先でパソコン作業をすることが多い方におすすめです。

5. エプソン カラリオ EP-979A3

エプソン
¥24,840 (2019/09/21 15:21:52時点 Amazon調べ-詳細)

特徴


・プリンターの種類:複合タイプ
・印刷方式:カラーレーザー
・カートリッジ:独立型
・配線:Wi-Fi、有線無線LAN、USB対応
・サブ機能:自動両面印刷、フチなし印刷、背景除去機能、文字くっきり機能、作品印刷機能

キャノンのカラーレーザープリンターは、高価格ですが他のプリンターを凌駕するほどの印刷速度に加え、稼働中の音が静かで快適な使い心地が特徴です。

印刷サイズははがきサイズからA3までバリエーション豊富で、プリントコストはモノクロで約3円、カラーで11円とコスパも抜群。6色染料で写真も鮮やかにプリントします。

コピーしたい原稿の不要な背景を自動で消す機能や、小さく読みづらい文字もくっきり印刷する機能もついていて、よりクオリティの高い資料が作れますよ。

優秀プリンターで学業も仕事もはかどる!

自宅に1台優秀プリンターがあれば、わざわざコンビニや会社で印刷やコピーをする手間が省けます。

そのぶん、仕事や勉強に時間を割けるので、勉強も仕事も今以上にはかどりますよ!

色々なプリンターがありますが、自分がどのように使いたいのか、置く場所はあるのかどうかなど、しっかりと見極めて選んでくださいね。

-パソコン・スマートフォン
-

Copyright© TSUSHO , 2019 All Rights Reserved.