TSUSHO

あなたの”物欲”を刺激するモノメディア。

パソコン・スマートフォン

モバイルバッテリーおすすめ10選!充電回数やスピード重視で厳選

投稿日:

外出中コンセントがなくてもスマホやタブレットの充電ができるモバイルバッテリーは、スマホが生活に欠かせなくなった今の時代、常備しておくと心強い存在です。

乾電池式や使い切りのモバイルバッテリーならコンビニでも買えますが、どうせ買うなら本体も充電して何度も使えるモバイルバッテリー!

今回は、モバイルバッテリーを選ぶときのチェックポイントや、おすすめモデルをご紹介します。

3,000円以内で購入できるコスパの良いモバイルバッテリーもありますよ!

モバイルバッテリーとは

「外出先でスマホやタブレットの充電がなくなってピンチ!」そんな時に便利なのが、小型充電器のモバイルバッテリーです。

以前は、コンビニでよく販売されている乾電池を入れて使う使い捨てタイプが主流でしたが、最近は再充電して何度も使えるものがメジャーになっています。

スマホやタブレットを外で使うことが多い人なら、1台持っていると安心ですよ。

キャンプや海など、アウトドアシーンでは特に電源の確保ができないので、モバイルバッテリーを持っていると便利です。

モバイルバッテリー選びのポイント

①安全性能はPSEマークでチェック

ニュースで見たことがあるという方は多いと思いますが、バッテリーの発火事故が多発し、2018年2月1日からモバイルバッテリーがより厳しく規制されるようになりました。

2019年2月1日からは、PSEマークがついていないモバイルバッテリーは製造から販売まで禁止されています。

ただし、2019年1月31日以前に購入したモバイルバッテリーに関しては、PSEマークなしでも引き続き使用できるのでご安心ください。

特に要注意なのが、フリマアプリやネットークションでモバイルバッテリーを出品するときです。

PSEマークのないモバイルバッテリーの出品は禁止されているので、不要になったモバイルバッテリーを出品するときは注意してくださいね。

②使う頻度に合わせてバッテリー容量を選ぶ

モバイルバッテリー選びで特に大事なのは、どれくらい充電ができるかという点です。充電性能はスペックのバッテリー容量をチェックします。

バッテリー容量は、「mAh」という値で表示されており、値が大きいほどバッテリー容量が大きいことを表します。

ただし、バッテリー容量全部が充電に使われるわけではありません。充電に使われるのは実質6〜7割で、残りは熱として失われるのです。

例えば、10,000mAhのバッテリー容量は充電に使われるのは6,000~7,000mAh程度になります。
    
バッテリー容量選びの目安は、スマホやタブレットを1日でどれくらい使うかという点です。

スマホは通話程度で万が一のためにモバイルバッテリーを持ちたい、という場合は5,000mAあれば十分です。

ラインやSNS、ニュースなどを頻繁にチェックするなら10,000mA、ゲームアプリや動画鑑賞をすることが多いなら20,000mA以上の大容量のモバイルバッテリーを選びましょう。

③充電スピードの速さはA(アンペア)の値をチェック

素早く充電ができると便利ですが、充電の速さはスペックのA(アンペア)の値をチェックしましょう。

アンペアは電流が流れる量を示す値で、値が大きいほどより速く充電ができます。

おすすめは2A以上対応のモバイルバッテリーです。

④USBポート複数タイプはそれぞれの最大出力をチェック

モバイルバッテリーの中には、USBポートが複数ついているモデルがあります。

USBポート全体の合計出力値が決まっていると、同時に使うと最大出力がそれぞれ半分の値になります。

USBポートが二つついていて、合計出力値が3.5Aの場合、同時使用すると出力はそれぞれ1.75Aとなるので、決して同時にそれぞれ3.5Aで充電できるというわけではありません。

⑤使いやすい充電機能がついているか選ぶ

最近のモバイルバッテリーは、充電機能が進化してより便利になっています。自分ならどの機能が使いやすいか、イメージして選んでみてください!

  • 急速充電機能:スピード重視の人におすすめ
  • ソーラー充電:太陽光で充電できる。アウトドアシーンで使いたい、災害時の備え用を探している人におすすめ
  • 無線充電できる「QI(チー)」:ケーブルを携帯する必要がないので、できるだけ荷物減らしたい人におすすめ。
  • コンセント差し込み:こちらもケーブル不要、ただしコンセントがなければ充電できないため、コンセント使用可能なカフェやレストランを使用することが多い人向け。
    自宅用としても使用可能。

3,000円以内!モバイルバッテリーおすすめモデル6選

1. BLUEDOT BMB-102


基本スペック

・バッテリー容量:10,000mAh
・充電スピード:最大2A
・ポート数:2つ
・充電機能:ー

2,000円以内トリーズズナブルながら、容量10,000mAhとしっかり充電ができる薄型モバイルバッテリーです。

スリムボディで携帯しやすく、ストラップホールにネックストラップをつけてぶら下げて持ち歩けます。

表面が滑り止め加工されていて持ちやすく、テーブルに置いていても滑り落ちる心配もありません。過充電や過放電などの保護回路も備わっているので長く使えます。

2. TEC TMB-4K

テック
¥1,090 (2019/09/21 15:18:05時点 Amazon調べ-詳細)

基本スペック

・バッテリー容量:4,000mAh
・充電スピード:最大2.5A
・ポート数:1
・充電機能:ー

外でスマホを使うことが少ない、という方には4,000mAhのライトなモバイルバッテリーがおすすめです。

満充電時にはスマホを2回充電できます。普段はモバイルバッテリーを使わないけど、出張時や旅行時用に欲しいという方にもぴったりです。

リーズナブルなモバイルバッテリーですが、充電時間は2.5時間と比較的スピーディーです。

3. Anker PowerCore Speed 10000 QC A1266011


基本スペック

・バッテリー容量:10000mAh
・充電スピード:1.61A
・ポート数:1
・充電機能:急速充電可能

3,000円以内で購入できるのに急速充電可能なコスパ抜群のモバイルバッテリーです。

アンカーはモバイルバッテリーの生産メーカーの中では、特に有名なメーカーなので海外製でも安心して使えますよ。

急速充電に対応したスマホなら、急いでいるときも素早く充電可能です。

世界最軽量、最小サイズでケーブルとセットで持ち運んでも荷物になりません。

また、独自の保護システムによる安全性と温度管理テクノロジーで、本体に熱がこもらずに使えます。

4. Poweradd Pilot X7 20000mAh

モバイルバッテリー 20000mAh Poweradd Pilot X7 モバイル・バッテリー 大容量 PSE認証済 iPhone&Android対応 災害/旅行/アウトドア活動用に最適(ブラック+レッド)
Poweradd

基本スペック

・バッテリー容量:20000mAh
・充電スピード:1.40A
・ポート数:2
・充電機能:ー

ポケモンGOなどゲームアプリを外で遊ぶことが多い人には、実容量10000mAh以上もある大容量モバイルバッテリーがおすすめです。

2,000円ちょっとの低価格モデルですが、スマホを5回以上、iPad miniなら3回ほど充電できます。

過充電や過放電、発熱、ショート時には自動充電停止になって故障を防ぎます。

持ち歩くには少々重さが気になりますが、カバンに入れて持ち歩く程度なら問題ありません。

5. TSUNEO モバイルバッテリー PB-01


基本スペック

・バッテリー容量:10000mAh
・充電スピード:1.31A
・ポート数:2
・充電機能:ー

こちらはライトニングケーブルとマイクロUSBケーブルが本体に内蔵されているので、ケーブルを忘れる心配もないですし、荷物にもなりません。

薄型軽量ボディにゴム素材で滑りにくくなっているので、うっかり落とす心配もないでしょう。実容量も5,000mAhほどとたっぷりです。

電池の残量を教えてくれるインジケーターがついているので、本体の充電のタイミングがわかりやすいのも便利ですね。

6. cheero Power Plus DANBOARD block 3000mAh


基本スペック

・バッテリー容量:3000mAh
・充電スピード:1A
・ポート数:2
・充電機能:ー

人気漫画「よつばと!」のキャラクター、ダンボールの「ダンボー」デザインのモバイルバッテリー。

おもちゃのブロックのような可愛らしいデザインで、持ち歩いて使うのが楽しくなりますよ。バッテリー容量はスマホ充電1回分と少ないので、スマホのライトユーザー向けのモバイルバッテリーです。

人気メーカーのハイスペックモバイルバッテリーおすすめ4選

1. RAVPower クイックチャージ モバイルバッテリー RP-PB043


基本スペック

・バッテリー容量:20100mAh
・充電スピード:1.46A
・ポート数:2
・充電機能:急速充電

急速充電かつ大容量なモバイルバッテリーです。

実容量は10000mAhもあるので、1日に何度もスマホを充電するヘビーユーザーや、スマホとタブレットどちらも使うことが多い人にぴったりです。

Type-CポートはPD対応なので、Macbookの充電もできるため、外でパソコン作業をする人も便利に使えます。

大容量バッテリーですが、本体充電は4時間で完了し、スマホは二つのポートを同時に使っても急速充電が可能です。

2. RAVPower ソーラーチャージャー 16W RP-PC008


基本スペック

・バッテリー容量:ー
・充電スピード:最大3.2A
・ポート数:2
・充電機能:ソーラー充電

防水、防塵性で晴れの日も雨の日も使えるソーラー充電式のモバイルバッテリーです。

本体は四つの穴に杭や紐を取り付ければ固定できるので、晴れている間に外で本体充電しやすくなります。

防水対応なので急に雨が降っても故障の心配がありません。特に天候が変わりやすい山でのアウトドアに活躍するでしょう。

丈夫なソーラーパネルが採用されているので、災害時の非常用電源としても頼もしい1台です。

3. Anker PowerCore 13400 Nintendo Switch Edition


基本スペック

・バッテリー容量:13400mAh
・充電スピード:1.5A
・ポート数:2
・充電機能:急速充電

急速充電可能でNintendo Switch用公式ライセンスを獲得したモバイルバッテリーです。

Switchユーザーはもちろん、スマホやタブレット、MacBookの充電もできる万能バッテリーです。

フルスピード充電技術ですべての機器で急速充電ができます。本体充電も約3.5時間の急速充電が可能です。

4. ROMOSS 急速充電器 10000mAh


基本スペック

・バッテリー容量:10000mAh
・充電スピード:ー
・ポート数:2
・充電機能:コンセント差し込み

たまに出張や旅行をするときにモバイルバッテリーが必要、という方は普段は自宅で使えるコンセント差し込みタイプのモバイルバッテリーがおすすめです。

こちらは10000mAhの大容量コンセント差し込みタイプのモバイルバッテリーで、変圧器不要で海外でも使用できます。

スーツケースのような本体デザインがおしゃれですよね。スマホなら約4回まで充電可能です。

ケーブル不要なので荷物がかさばりませんし、プラグ部分は折りたたみ式なので収納しやすいですよ。

本体と接続機器を同時に充電するので、モバイルバッテリー本体の充電忘れも防げます。

モバイルバッテリーがあれば充電切れの心配もなし!

便利なアプリがどんどん登場し、最近はスマホ決済が広く普及し始めてますますスマホが欠かせない時代になりました。

スマホを使うシーンが増えたことで、モバイルバッテリーの必要性も高まってきています。

今回おすすめしたモバイルバッテリーを参考に、お気に入りのモバイルバッテリーを常備しておけば、いつでもどこでも充電切れの心配なく過ごせますよ!

-パソコン・スマートフォン
-

Copyright© TSUSHO , 2019 All Rights Reserved.