TSUSHO

あなたの”物欲”を刺激するモノメディア。

家電・カメラ

掃除機おすすめ10選を種類別に紹介!スティック式からロボット型まで

投稿日:

掃除機といえばダイソン?いやいや、最近はやっぱり昔からある紙パック式の掃除機でしょう。

掃除機といっても、最近はダイソンのようなスタイリッシュボディのスティック型や、昔からあるキャニスター式、そして勝手に掃除をしてくれるロボット型など種類はたくさんあります。

掃除機は中々買い換えないものなので、10年同じものを使っている、という方は多いでしょう。

しかし、最近の掃除機はかなりハイテクで便利になっているので、買い換えた方が掃除がもっと快適に行えますよ!

今回は、掃除機の選び方から種類別におすすめの掃除機をご紹介します。

要チェック!掃除機の基本的な種類

掃除機のホコリの集めた方は2種類ある

お手入れ簡単な「紙パック式」

サイクロン式が登場するまでメジャーだったのが紙パック式です。

掃除機本体に専用の紙パックを装着し、吸い出したゴミが紙パックにたまります。

ゴミが溜まったら紙パックごと捨て、新しい紙パックを装着するだけなので、サイクロン式よりもお手入れが簡単です。

紙パックを常備しておかなければいけないので、ランニングコストはかかりますが、お手入れが簡単なのでズボラさんでも取り扱いやすいでしょう。

ランニングコストがかからない「サイクロン式」

最近の掃除機の主流になっているサイクロン式は、空気を吸い込んで回転させ、ホコリと空気を分けてホコリだけをカップに集める集塵方式です。

毎回ダストカップに溜まったゴミを捨てる手間はかかりますが、紙パックを購入する必要がないので、ランニングコストがかかりません。

ダストカップに髪の毛やホコリが溜まりやすいので、専用ブラシで取り除いたり水洗いできるものは洗う手間はかかります。

丸洗いできるダストカップなら、水洗いするだけでカップが綺麗になるので、比較的お手入れが楽ですよ。

集塵方式は、手間がかかるかランニングコストがかかるか、のどちらかです。

ちょっと費用はかかってもいいから、できるだけ楽な方が良いという方は紙パック式、できるだけ節約したい方はサイクロン式、といったところでしょうか。

コードレス掃除機と有線掃除機

掃除機本体のタイプは、スティックタイプとキャニスター式があります。

スティックタイプは主にコードレス、充電をして使い、キャニスター式は主にコードをコンセントに刺して使います。

場所問わず掃除しやすいスティックタイプ

最近主流なのが、スリムなボディのスティックタイプの掃除機です。

コードレスで移動に制限がなく、コードが届かなくなるたびにコンセントを差し替える、という手間なく、掃除に集中できます。

吸引力が安定するキャニスタータイプ

掃除機といえば、キャニスター式、といっても過言ではないくらいの定番ですね。

最近はより使いやすいスティックタイプに人気が押され気味ですが、吸引力の安定性はスティックタイプより上です。

常にコンセントから電力を供給して使うので、安定した吸引力でホコリを吸い出します。

集塵方式は紙パック式が多く、ランニングコストもかかりにくいのも魅力です。

掃除機の選び方5つのポイント

①持ち運びしやすい軽量モデルがおすすめ

スティックタイプ、キャニスタータイプどちらでも、できるだけ軽いモデルを選びましょう。

目安ですが、キャニスタータイプなら3キロ前後、スティックタイプなら2キロ前後のモデルがおすすめです。

また、それぞれ重要な重さポイントをチェックしておきましょう。

  • キャニスタータイプ:手に持つパイプ部分が軽い素材のものがおすすめ
  • スティックタイプ:モーターが本体下部に付いているもの

②ヘッド部分のブラシをチェックする

掃除機のヘッド部分次第で、掃除の仕上がりに違いが生まれます。ヘッド部分のブラシが、綺麗な仕上がりを左右するのです。

おすすめは、パワーブラシが搭載されたモデルで、モーターの回転でブラシが絨毯の繊維に入り込んだゴミや、畳の目にはまった取れにくいゴミもかき出してくれます。

他には、手で動かさなくても勝手に動いてくれる自走機能付きのモデルや、軽量で持ち上げやすいタービンブラシなどもおすすめです。

③吸引力をチェックする

ヘッド部分と同じく、掃除の仕上がりを左右するのが掃除機の吸引力です。

吸引力が強いほど、細かいホコリを逃さずに吸い込んでくれます。吸引力をチェックするときは、スペックの「吸込仕事率」という項目をチェックしましょう。

一般的に、400〜500Wほどで吸引力が強い、と考えられます。

④コードレスと有線、選ぶならどっち?

便利なのはコードレス掃除機で、掃除機をかけるのが面倒な方でもコンセントの差し替えがないぶん、楽に掃除機をかけられます。

自宅が広くて掃除機のコードを差し替える手間がかかる、という方にはコードレス掃除機がおすすめです。

ただし、自宅が広い場合は掃除機をかける時間が長くかかるので、コードレス掃除機を選ぶ場合は1回の充電で30分以上使えるものを選びましょう。

徹底的にじっくり掃除をしたい、という方は、コンセントの差し替えが面倒でも有線の掃除機の方がおすすめです。

吸引力が安定しているので、ホコリを逃すことなくきっちり掃除ができます。

一度、手持ちの掃除機で掃除をかけてみて、掃除にかかる時間を計ってみると良いでしょう。

⑤忙しい人は「ロボット型掃除機」を常備しておくと便利

忙しくて毎日掃除機をかけられない、週1回掃除機をかけることすら少ない、という方はロボット型掃除機を使ってみてはいかがでしょうか。

充電すれば自動で掃除をしてくれる便利なロボット型掃除機は、吸引タイプと拭き掃除タイプがあります。

衝突防止機能や、段差乗り越え機能がついていれば、目を離しているときに故障や家具にぶつかって傷をつけたり、ものを落とすこともありません。

掃除が終了したら自動で充電ドッグに戻る「自動帰還」機能があると、より便利です。

タイプ別掃除機おすすめ◯選

キャスタータイプのおすすめ掃除機3選

1. 三菱電機 Be-K 紙パック式クリーナー TC-FXF7P

三菱電機 (MITSUBISHI)
¥16,093 (2019/11/12 23:21:59時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

・集塵方式:紙パック
・コードレス:ー
・ヘッドの種類:モーター式
・吸込仕事率:500W

三菱電機の「Be-K」シリーズの軽量パワーブラシが搭載されているモデルで、カーペットや畳の隙間に入り込んだ細かいゴミも逃さずかき出し、吸い込みます。

このモデルの最大の特徴は、紙パックが溜まっても吸引力が落ちないという、独自の風路構造にあります。

さらに、5層フィルターが微細なゴミも逃さず、排気はクリーンに行い、炭の効果で消臭もしてくれるのです。ハウスダストを吸引する機能や、ベッド下などにスムーズに入り込める「フラットヘッド機構」など、利便性の高い掃除機です。

2. シャープ コードレスキャニスター紙パック掃除機 RACTIVE Air EC-AP700N

シャープ(SHARP)
¥35,130 (2019/11/12 23:22:00時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

・集塵方式:紙パック
・コードレス:◯
・ヘッドの種類:自走式、モーター式
・吸込仕事率:ー

3キロ前後で軽いと言われるキャニスタータイプの掃除機ですが、こちらはなんと1.8キロ!

女性でも楽々持ち上げられる軽量ボディで、さらにコードレスなので自由にスイスイ掃除機がかけられます。

軽量ボディのポイント、パイプ部分には飛行機にも使われる「ドライカーボン」という素材を採用し、パイプ部分が薄く作られています。

大風量ターボモーターと高効率リチウムイオンバッテリーを搭載し、コードレスでも安定した吸引力を出すことが可能です。

バッテリーも80分の急速充電で、1時間近く使えるので、じっくり掃除機をかけることもできます。

さらに、「布団掃除パワーヘッド」付きで、布団の掃除もできる優れものです。

3. 東芝 サイクロンクリーナー トルネオV VC-SG512

東芝(TOSHIBA)
¥28,315 (2019/11/12 23:22:00時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

・集塵方式:サイクロン
・コードレス:ー
・ヘッドの種類:自走式、モーター式
・吸込仕事率:200W

東芝のサイクロン式キャニスタータイプの掃除機は、自動クリーニング機能やゴミを徹底的に排除する「ゴム残しセンサー」など、便利機能がたくさんついています。

フィルターの目詰まりをなくすように改良され、自動クリーニング機能で吸引力が安定し、大きいゴミから小さいゴミまで、徹底的に吸い込みます。

本体重量も3.3キロと軽量範囲で、ヘッドはモーターと自走式の2タイプなので、ゴミをしっかりかき出しつつ、移動は楽々です。

家具の下も掃除しやすい「床ピタ設計」や長時間掃除しても疲れにくい「新楽ワザグリップ」など、注目機能がたくさん。

スティックタイプのおすすめ掃除機4選

1. 日立 パワーブーストサイクロン PV-BD700 N


特徴

・集塵方式:サイクロン
・コードレス:◯
・ヘッドの種類:自走式、モーター式
・吸込仕事率:ー

日立のスティッククリーナーは、コードレスでも強力な吸引力を誇ります。ヘッドのブラシが回転ブラシで自走するため、ダラダラ動いても勝手に進んでホコリを吸い出してくれます。

パイプの長さを手元のレバーを引くだけで調整でき、ハンディにも切り替えられて便利です。

また、掃除しづらい壁際もスムーズに吸引する「きわぴた」構造で、隅々まで綺麗にできますよ。

2. エレクトロラックス エルゴラピード ZB3233BA

Electrolux (エレクトロラックス)
¥24,980 (2019/11/12 23:22:01時点 Amazon調べ-詳細)

特徴


・集塵方式:サイクロン
・コードレス:◯
・ヘッドの種類:モーター式
・吸込仕事率:ー

エレクトロラックスの「エルゴラビード」シリーズの中で、こちらは布団用ノズルがついており、ハンディクリーナーと布団クリーナーを加えて、「スリーインワンクリーナー」担っています。

これ一つで、家中の掃除はもちろん、布団やベッド周辺も掃除ができ、清潔空間をキープできるのです。
ノズルにはUVライトがついており、布団やベッドの中に隠れているダニやハウスダストを逃しません。

切り替えもワンタッチで簡単、ブラシに絡まった髪の毛などをカットする機能もついており、ブラシの手入れも簡単です。

3. ダイソン V8 アブソリュート SV10 ABL

Dyson(ダイソン)
¥56,800 (2019/11/12 23:22:01時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

・集塵方式:サイクロン
・コードレス:◯
・ヘッドの種類:モーター式
・吸込仕事率:115W

ダイソンのコードレス掃除機の中でも、吸引力最大、パッテリー駆動時間最長、そして運転音も50%低減し、より使いやすくなったモデルです。

ヘッドには「ソフトローラークリーナーヘッド」という、大きなゴミから微細なホコリまで取り除けるヘッドと、隙間に入り込んだゴミをかきだす「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」の2種類が用意されています。

4. シャープ FREED EC-SX520

シャープ(SHARP)
¥30,400 (2019/11/12 23:22:02時点 Amazon調べ-詳細)

特徴

・集塵方式:サイクロン
・コードレス:◯
・ヘッドの種類:自走式、モーター式
・吸込仕事率:ー

パワーアシスト機能を搭載し、ヘッド部分には走行車輪がついており、手を添えるだけで自走してくれる便利なコードレス掃除機です。

高圧吸引ノズルで微細なハウスダストまで吸い込み、「床みがきブラシ」でフローリングの皮脂汚れまで拭き取ります。

また、本体にはバッテリーが2個ついているので、一方のバッテリーの充電が切れても、もう片方のバッテリーが使えるので充電切れで掃除ができない、というトラブルを防ぎます。

ロボット型掃除機おすすめ3選

1. アイロボット 床拭きロボット ブラーバ380j B380065

アイロボット(IRobot)
¥36,480 (2019/11/12 06:05:34時点 Amazon調べ-詳細)

水拭きモードと乾拭きモードの2種類を選んでフローリングやタイルを掃除します。

水拭きモードでは、付属パッドに水を入れれば、クロスが乾かずしっかりと水拭きできるので、皮脂汚れや食べこぼしも綺麗に拭き取れます。

ナビゲーションシステムで部屋の形状や家具の配置をセンサーで把握し、家具の間にも入り込んで隅々まで掃除してくれる優秀な一台です。

段差を回避するセンサーもついており、稼働中の音は図書館レベルという高い静音性、1時間使用しても電気代は0.5円、と嬉しいポイントがたくさん。

2. ILIFE V3s Pro

ILIFE
¥16,900 (2019/11/12 23:22:02時点 Amazon調べ-詳細)

コンパクトボディでソファやベッドの下、棚の下にまで潜り込んでゴミを吸い取ってくれるロボット掃除機です。

衝突防止・落下防止センサーがついているので、故障の心配もなく、外出時にも安心して掃除を任せられます。

自動充電機能がついており、フル充電で最大120分稼働します。

また、バッテリー残量が少なくなると、勝手に充電ドックに移動して充電するという優等生ぶり。

3. ルンバ641 R641060

アイロボット(IRobot)
¥30,000 (2019/11/12 23:22:02時点 Amazon調べ-詳細)

ロボット掃除機の代名詞的存在のルンバのスタンダードモデルです。

ルンバ独自の3段階クリーニングシステムで、大きなゴミもホコリやチリも逃さずかきこんで吸引します。

数十のセンサーで部屋の状況を把握し、ゴミがなくなったと判断するまで集中的に掃除してくれます。

ゴミの多い場所を感知する「ゴミセンサー」や、清掃が終わったら充電ドッグに戻って充電する「自動充電」機能も便利です。

おすすめ掃除機でいつでもクリーンな部屋で過ごそう

掃除機といえば、紙パックのキャニスター式が定番でしたが、最近はコードレスのスティックタイプや、ルンバのようなロボット型掃除式など、様々な製品があります。

自分ぴったりの掃除機を選ぶために、今回おすすめした各掃除機を参考にしてみてくださいね!優れた掃除機があれば、掃除嫌いな方も掃除機をかけるのが楽しくなるかもしれませんよ。

-家電・カメラ
-

Copyright© TSUSHO , 2019 All Rights Reserved.