TSUSHO

あなたの”物欲”を刺激するモノメディア。

家電・カメラ

空気清浄機のおすすめ10選!玄関用から寝室用まで便利な1台を厳選

更新日:

室内を清潔に、かつ空気をフレッシュに整えてくれる空気清浄機は、一家に一台はあると言っても過言ではありません、人気メーカーの空気清浄機はもちろん、1万円以下で購入できる格安モデルでも、細かいこだわりがあるので十分使えます。

価格で選ぶか、性能で選ぶか、あなたはどちらですか?

今回は、1万円以内のおすすめ空気清浄機と、人気メーカーのハイスペックな空気清浄機をご紹介します。

空気清浄機の種類別メリット、デメリット

空気清浄機の種類は主に三つ、

  • ファン式空気清浄機
  • 電気式空気清浄機
  • イオン発生器

それぞれのメリット、デメリットをチェックして自分が探している空気清浄機のタイプを見極めましょう。

フィルターで空気を浄化する「ファン式空気清浄機」

ファン式空気清浄機は、空気を吸い込んでゴミやホコリ、ハウスダスト、花粉などを取り除きます。

空気清浄機のメジャーなタイプで、製品の種類も他のタイプに比べて多いので、自分好みの空気清浄機が見つけやすいですよ。加湿機能がついている空気清浄機もあります。

フィルターのお手入れが必要なことと、稼働音が大きめなことがデメリットですね。

比較的リーズナブルなので、各部屋に設置する場合はファン式空気清浄機を選ぶと良いでしょう。

電気でゴミを集める「電気式空気清浄機」

電気式空気清浄機は、空気に含まれるゴミを集める他、ニオイ成分を電気分解する働きもあるため、ニオイ対策にも効果的です。

特にニオイが発生しやすい湿気の多い部屋には、電気式空気清浄機が便利に使えます。

フィルターがついていますが、ファン式空気清浄機に比べると目詰まりしやすいので、お手入れの手間がかかりにくいです。

また、稼働音も小さめでストレスなく使えます。デメリットはファン式空気清浄機に比べると高価なところですが、そのぶん機能性が高く長持ちしますよ。

家族で過ごす時間が多い、または小さい赤ちゃんやペットがいる部屋に置く用としておすすめです。

イオンの力で汚れを取り除く「イオン発生器」

イオン発生器は、ファン式や電気式と違い、フィルター無しで空気中の汚れを取り除きます。イオンを放出することで、汚れの粒子をイオンで取り囲みます。

お手入れの手間はかかりませんが、汚れやニオイだけではなく、香り成分も取り除いてしまうのがデメリットです。

トイレや車内のような狭い空間に使いやすい小型モデルが多いので、狭いスペース限定で使うと良いでしょう。

空気清浄機の選び方4つのポイント

①メーカー推奨の適用床面積より広めのものを選ぶ

空気清浄機のスペックの中で、まずチェックするべきなのが適用床面積です。

空気清浄機が効果的に働く床面積のことですが、製品選びでは実際に使う部屋の面積よりも、適用床面積が広いものを選びましょう。適用床面積が広いと、よりスピーディーに効果が発揮されます。

ただし、広すぎても逆に稼働音や本体サイズが大きくなって使いづらくなることがあるので、少し広い程度でOKです。

②便利なのは最大風量が大きいもの

空気を浄化、循環させる力は風量に比例します。

最大風量が大きいと、短時間で空気を綺麗にできるため、急な来客時や花粉が多い春に便利です。

友人を家に招くことが多い、という方や花粉に弱い方は、最大風量に注目して選んでみてください。

③フィルター付きの空気清浄機はフィルターも要チェック

ファン式空気清浄機や電気式空気清浄機を選ぶ場合は、フィルターの寿命もチェックしましょう。

寿命が短いとお手入れ回数が増えますが、寿命が長いと交換頻度が少ないため、お手入れの手間がかかりにくくなります。

また、フィルターのお手入れ方法も要チェックです。

掃除機でゴミを吸い取るフィルターが多いですが、自動掃除機能がついている便利なモデルがあるので、予算に余裕があればぜひ自動掃除機能付きの空気清浄機を選びましょう。

④各種便利機能も合わせてチェック

空気清浄機についていると便利な機能をまとめました。こだわりにぴったり合う便利機能付きの空気清浄機を選びましょう。

  • 消臭、脱臭機能:喫煙者やペットを飼っている方におすすめ。脱臭フィルター搭載のものや、イオン機能で脱臭・消臭するものなど。
  • ダスト機能:ハウスダストや花粉に敏感な方におすすめ。
  • 除湿・加湿機能:部屋干しが多いという方、梅雨になると湿気がひどく気になるという方には除湿機能、乾燥が気になる方には加湿機能がおすすめ。
  • タイマー機能:就寝時や外出時に自動的に電源がオフになるため、節電に効果的。

1万円以内で買える格安空気清浄機おすすめ5選

1. アイリスオーヤマ KFN-700

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥5,582 (2019/10/20 20:03:58時点 Amazon調べ-詳細)

基本スペック

・タイプ:ファン式
・適用床面積:8畳
・最大風量:1.9m3
・便利機能:人感センサー
・フィルター寿命:ー

花粉でお悩みの方におすすめしたい、アイリスオーヤマの空気清浄機です。

花粉対策に特化しており、特に玄関用として使えば外から持ち込んだ花粉を玄関で防ぎ、室内に持ち込ませません。便利な人感センサー付きで、玄関に人が来た時だけ作動するため、電力を無駄にしないのも魅力です。

集じん効果の高いHEPAフィルターを採用し、花粉以外にはハウスダストやPM2.5も除去します。玄関に限らず、8畳までなら寝室にも使用可能です。

2. Levoit 空気清浄機 LV-H132


基本スペック

・タイプ:ファン式
・適用床面積:ー
・最大風量:ー
・便利機能:夜間ライト
・フィルター寿命:ー

縦32cmのコンパクトな空気清浄機ですが、360度空気を吸い込み、集じん効果を高めています。スタイリッシュなデザインでインテリアのアクセントにもなりますね。

フィルターはニオイを取り除く活性炭フィルターと、微小な粒子や花粉、アレル物質、カビ菌なども99.97%除去するHEPAフィルターに加え、髪の毛など大きい粒子も集めるプレフィルターを採用しています。

夜間は程よい光で眠りを妨げない夜間ライトと、風量を弱めて静音にできるので、眠りが妨げられません。

3. シャープ 空気清浄機 プラズマクラスター FU-H30-A


基本スペック

・タイプ:イオン発生器
・適用床面積:13畳
・最大風量:3m3
・便利機能:プラズマクラスター7000
・フィルター寿命:10年

シャープ独自のイオン技術、プラズマクラスター7000を搭載した薄型の空気清浄機です。

シャープの空気清浄機の中ではリーズナブルなモデルですが、空気清浄だけではなく脱臭もできます。

フィルターは集じんと脱臭の一体型なので、お手入れの手間がかかりにくく、交換の目安は10年と長寿命です。

4. QUEENTY 小型空気清浄機


基本スペック

・タイプ:ファン式空気清浄機
・適用床面積:ー
・最大風量:ー
・便利機能:USB充電、エッセンシャルオイル使用可能
・フィルター寿命:6ヶ月

エッセンシャルオイルをスロットに加え、香りの良い空気を楽しめる空気清浄機です。

集じん、脱臭に加えてマイナスイオンとオゾンをフィルターから発生させ、室内の空気をフレッシュに循環させます。送風口が左右に自動回転し、周囲の空気を満遍なく吸い込みます。

小型かつリーズナブルなので、各部屋に設置してもコストがかかりにくいのが魅力です。

お手入れは月に1回、掃除機で軽く吸い取るだけなので、手間もほとんどかかりません。

5. ツインバード マイナスイオン発生空気清浄機 AC-D358PW

ツインバード工業(Twinbird)
¥6,410 (2019/10/20 20:03:59時点 Amazon調べ-詳細)

基本スペック

・タイプ:イオン発生器
・適用床面積:12畳
・最大風量:2.4m3
・便利機能:静音モード、3時間タイマー
・フィルター寿命:1.5年

ツインバードのイオン発生器は、1立法cmあたりに1万個のマイナスイオンを発生させ、室内を森の中のようなフレッシュな空間に整えます。

高性能HEPAフィルターがハウスダストを99.97%、脱臭フィルターがニオイ成分を取り除きます。

フィルターは集じん効果が高い上に、目詰まりがしにくいので寿命までお手入れの手間がかかりにくいです。

就寝時に稼働する場合は、静音モードと3時間タイマーを使えば省エネ状態で使えます。

ハイスペックな空気清浄機おすすめ5選

1. シャープ プラズマクラスター KC-G50


基本スペック

・タイプ:ファン式空気清浄機
・適用床面積:13畳
・最大風量:5.1m3
・便利機能:プラズマクラスター7000、加湿機能、花粉運転機能、おやすみ運転
・フィルター寿命:10年

プラズマクラスター7000搭載、スピード循環気流で遠くのホコリも吸い寄せます。パワフル吸じん運転で花粉や微小な粒子もしっかり集めて、クリーンな空気をキープします。

加湿機能付きで、「Ag+イオンカートリッジ」が水中の雑菌繁殖を予防。加湿しないときはフィルターが水に浸からないように停止させ、送風で乾燥させて衛生面もバッチリです。

2. ダイソン 空気清浄ファンヒーター Dyson Pure Hot+Cool link HP04WS

ダイソン 空気清浄・送風機能付ファンヒーター(リモコン付 ホワイト/シルバー)【送風・温風兼用】Dyson Pure Hot+Cool link HP04WS
Dyson(ダイソン)

基本スペック

・タイプ:ファン式空気清浄機
・適用床面積:8畳
・最大風量:ー
・便利機能:スマホ連携、首振り機能、オートモード、ナイトモード
・フィルター寿命:ー

ダイソンの空気清浄機は、夏は扇風機・冬はヒーターとしても使える万能家電です。

2種類のフィルターで花粉、アレル物質、ホコリ、PM2.5を吸い込み、350度回転する首振り機能が室内の空気を循環させます。

オートモードで室内の空気の状態に反応し、自動で風量を調整したり、睡眠時はナイトモードで静音運転に切り替える便利機能付きです。

空気の状態は常に本体のモニターディスプレイから確認できます。専用アプリを使って外出先からも操作可能で、不在時の空気のこもりも防ぎます。

3. ブルーエア 空気清浄機 Classic 280i


基本スペック

・タイプ:ファン式空気清浄機
・適用床面積:25畳
・最大風量:ー
・便利機能:スマホ連携
・フィルター寿命:0.5年

スウェーデンメーカーの人気空気清浄機は、HEPASlientテクノロジーの効果で0.1μm以上の微粒子を99.97%除去します。専用アプリを使って外出先から電源を入切したり、運転の細かい調整が可能です。

イオンの効果を発揮させる多層フィルターで集じんしつつ、目詰まりを防いでスムーズな運転をキープします。シックなデザインで部屋のインテリアにも違和感なくなじむので、デザインにこだわりのある方におすすめです。

4. シャープ 蚊取空気清浄機 FU-GK50


基本スペック

・タイプ:ファン式空気清浄機
・適用床面積:23畳
・最大風量:5.1m3
・便利機能:蚊取り機能、花粉運転機能
・フィルター寿命:10年

空気清浄機能に加えて、蚊取り機能も搭載した便利な空気清浄機です。

吸いこんだ蚊は粘着シートで捕らえ、夏を快適に過ごせます。シートは折りたたんで捨てるだけなので、手を汚さず楽チンです。

薬剤は使わないで蚊の習性と吸引力を応用するため、赤ちゃんやペットがいる環境でも使えます。

花粉を吸い込む花粉運転機能もついているので、年中マルチに活躍します。

5. パナソニック 空気清浄機 F-PDP30

パナソニック(Panasonic)
¥13,000 (2019/10/20 20:04:01時点 Amazon調べ-詳細)

基本スペック

・タイプ:ファン式空気清浄機
・適用床面積:12畳
・最大風量:2.7m3
・便利機能:ー
・フィルター寿命:2年

パナソニックの空気清浄機は、移動に便利なコンパクトかつ軽量ボディなので、部屋を移動させて使ったり、掃除機をかける際は持ち上げるのも簡単です。

スーパーナノテク脱臭フィルターを採用し、ホコリや目に見えない汚れとともに、ニオイの元まで吸い込みます。吸いこんだ菌やカビ、花粉を抑え込んでフレッシュな空気をキープします。

空気清浄機で室内の空気をいつも新鮮に

空気清浄機を使えば、新鮮な空気の室内で快適に過ごせるだけではなく、ホコリがたまりにくくなるので、室内を清潔にキープできます。

製品は1万円以内で購入できるものから、ハイスペックなものまで様々ありますが、まずはどのくらいの広さの部屋で使うのか、防ぎたいのはホコリと花粉どちらか、などをチェックしてから選びましょう。

-家電・カメラ

Copyright© TSUSHO , 2019 All Rights Reserved.