TSUSHO

あなたの”物欲”を刺激するモノメディア。

家電・カメラ

4Kテレビのおすすめ10選!高画質・高音質モデルを厳選

投稿日:

4Kテレビは新4K衛星放送がスタートしてから、どんどん新しいモデルが発表され、製品ラインナップが豊富になっています。

大画面で高画質に映像を楽しめるので、自宅でTV鑑賞をする時間が楽しくなりますよ!

今回は、4Kテレビの選び方からおすすめモデルをご紹介します。

高画質で大画面!4Kテレビの魅力

テレビの画質の良し悪しは、主に解像度によって決まります。

解像度は画素で表せるのですが、ディスプレイに表示される映像は赤・青・緑の三色のドットが集まって表示され、三色のドットを一つにしたセルを画素と言います。

解像度は画素数が多いほど高画質になるのですが、4KテレビはフルHDの4倍の高解像度で、大画面でもくっきり鮮やかな高画質映像を映せるのです。

映像の中のものの輪郭をくっきりと映し出す4Kテレビですが、メーカーや製品モデルによって、映像の写りや音質が違うため、自分好みの写りを見極めて選びましょう。

4Kテレビの選び方

①テレビの種類を選んで製品を絞ろう

まずは、テレビの大まかな種類から自分好みの種類を選びましょう。テレビは、液晶テレビと有機ELテレビの二つの種類があります。

それぞれのメリット、デメリットを確認して、より自分が使いやすい・自分好みの方を選び、製品の候補を絞りましょう。

予算を抑えたいなら「液晶テレビ」

最もメジャーな液晶テレビは、価格が安いものもあるため、少ない予算でも購入できます。

ラインナップも豊富なので、より自分好みのテレビを見つけやすいですよ。デメリットは、黒浮きが起こりやすい点です。

背景が暗めの映画やドラマを観ることが多い場合は、黒浮きが気になることが多くなります。

また、有機ELに比べると画面に厚みがあるため、設置スペースが限られるという点も難点です。

とは言っても、かつて主流だったブラウン管テレビに比べるとスマートボディなので、設置面ではあまりデメリットを感じないでしょう。

予算に余裕がある、より高画質な映像を楽しみたいなら「有機ELテレビ」

有機ELテレビとは、バックライトがないため液晶テレビよりも薄型で、壁掛け設置がしやすいのが特徴です。

黒色がくっきり映るため、黒浮きしやすい背景が暗い映像もストレスなく楽しめます。

価格は高価ですが、高画質で設置のしやすさも優れているため、予算に余裕があるなら有機ELテレビの4Kモデルがおすすめです。

②設置場所に合うサイズを選ぶ

4Kテレビを購入したらどの部屋に置くのか、あらかじめ決めておくとサイズ選びがスムーズになります。

4Kテレビのサイズは43型以上と大きいため、設置するスペースが取れるかどうかチェックしておきましょう。

テレビを観るときのベストな距離は、画面の高さに1.5倍かけて出た数が目安になります。

例えば、49V型なら縦60cmなので、1.5倍すると90cmになります。90cm以上の距離が取れる場所にテレビを置くと快適、というように目安距離を出すことでピッタリなサイズ選びができます。

ワンルームや子供部屋、寝室などに置く場合は、43型以上49V型以下のサイズがおすすめです。リビングなど広い部屋に置く場合は、50V型以上の大画面サイズの4Kテレビを選びましょう。

テレビはサイズが大きくなるほど価格は高くなりますが、4Kの魅力は画面サイズが大きくなるほど発揮されます。ワンルームや子供部屋、寝室などはフルHD、リビングには4Kテレビと分けるとコスパが良いのでおすすめです。

③画質の違いを決めるバックライトをチェックする

液晶テレビの画質はバックライトの配置や駆動にも左右されます。

高画質な映像を求めるなら、「直下型」のバックライト配置がされているテレビがおすすめです。

液晶全体にLEDを搭載しているため、映像の明暗コントラストがくっきり現れます。

熱を持ちやすく、電気代が比較的かかるのがネックですが、高画質重視の方におすすめです。

④液晶方式は「IPS液晶方式」が観やすくておすすめ

4Kテレビは液晶画面が大きいので、角度によって見え方が変わるため、液晶方式で角度で見え方の違いができないようになっているものが観やすくておすすめです。

「IPS液晶方式」は、どの角度から観ても映像の見え方に違いがありません。コントラスト性能は低くなりますが、よりストレスなく快適に映像を楽しめます。

⑤映像美を重視するならHDR対応モデルを選ぶ

HDR(ハイダイナミックレンジ)とは、白や黒に陰影を加えてより自然に近い色彩で映像を表現します。

よりリアルで迫力のある映像美を楽しめるため、高画質重視ならぜひHDR対応の4Kテレビを選びましょう。

⑥4Kチューナー内蔵かどうかをチェックする

4Kテレビを購入しても、チューナーが内蔵されていないと4K放送が映りません。

もし搭載されていない場合は、別で4Kチューナーを購入する必要があります。ネット配信の映像やUHD BDの場合は、チューナー無しでも観賞は可能です。

⑦ネット接続ができてネット配信サービスが利用できるかどうか

YouTubeやhulu、U-NEXT、Netflixなど、ネット動画配信サービスを利用することが多いなら、各サービスに対応している4Kテレビを選びましょう。

インターネット接続が可能で、利用している配信サービスに対応していれば、これまでスマホやタブレットで観ていた動画を大画面で楽しめます。

49型以下4Kテレビのおすすめ5選

1. ソニー BRAVIA KJ-49X9000F


基本スペック

・タイプ:液晶テレビ
・サイズ:49インチ
・HDR対応: ◯
・ネット接続:◯

ソニーのブラビア49インチは、独自技術による鮮明な高画質映像はもちろん、リモコン機能が進化しているのが特徴です。

リモコンに話しかけることで、テレビ番組や録画、ネット配信サービスの利用、天気、ニュースなどの情報のチェックまで可能です。アマゾンのAlexa搭載端末と連携し、電源の入切操作もできます。

また、リモコン本体には各種動画配信サービスの起動ボタンがついているため、利用しているサービスを素早く簡単に起動し、映画やドラマを楽しめます。

2. パナソニック VIERA TH49FX750

パナソニック(Panasonic)
¥121,600 (2019/10/20 19:42:28時点 Amazon調べ-詳細)

基本スペック

・タイプ:液晶テレビ
・サイズ:49インチ
・HDR対応: ◯
・ネット接続:◯

パナソニックのビエラは、HDR、各種VOD対応(アンドロイドTVのみ非対応)の4K液晶テレビです。

転倒防止スタンドがついているので、地震など衝撃を受けたときに転倒して故障するのを防ぎます。

映像は、明暗差が激しい映像もくっきりキレイに映し出します。

ノイズを除去してものの輪郭をはっきりさせる「ヘキサクロマドライブ」搭載で、シャープな映像を再生可能です。

3. ハイセンス 43A6100


基本スペック

・タイプ:液晶テレビ
・サイズ:43インチ
・HDR対応: ー
・ネット接続:ー

できるだけ予算を抑えたい、という方におすすめの5万円以下の4K対応液晶テレビです。

リーズナブルでネット接続機能を省いたぶん、音質と画質にこだわって作られています。

普段はテレビ番組を観るだけ、というなら十分使えますよ。画質も低価格ながら直下型のLEDバックライトを採用し、鮮やかな映像を楽しめます。

残像感を低減する独自技術が搭載されているため、残像感もなく快適です。

さらに、HDD録画対応なので、外付けHDDやUSBハードディスクを繋げば録画も簡単にできます。

4. 東芝 REGZA 43M520X


基本スペック

・タイプ:液晶テレビ
・サイズ:43インチ
・HDR対応: ◯
・ネット接続:◯
・4Kチューナー内蔵

4Kチューナー内蔵のレグザは、独自の新映像エンジンを搭載し、わずかな信号から細かいディテールを再現して高画質映像を映し出します。

4K放送ではノイズを抑えて美しい映像を再生する「BS/CS 4KビューティX」、低音から高音までしっかりカバーする高音質音声機能など、画質も音質もハイクオリティなこだわりです。

高画質で高音質な映像を楽しめるのに10万円以下、というコスパの良い4Kテレビですが、ネット配信サービスは一部利用できないので、あらかじめチェックが必要です。(アンドロイドTV、アマゾンビデオ、hulu非対応)

5. LGエレクトロニクス 49SK8500PJA


基本スペック

・タイプ:液晶テレビ
・サイズ:49インチ
・HDR対応: ◯
・ネット接続:◯

LGエレクトロニクスの49型4Kテレビは、独自の人工知能技術を搭載し、付属のマジックリモコンを音声操作できます。

話しかけると、コンテンツの検索やアプリの起動、設定などをサポートしてくれるので、便利に操作できます。

高画質再生する技術を複数採用し、49型としては比較的リーズナブルな価格でも、十分快適に映像を楽しめます。

ネット配信サービスは、アンドロイドTV、hulu、dTV以外の主要なサービスに対応しています。

50型4Kテレビのおすすめ5選

1. シャープ AQUOS 4TC50AM1


基本スペック

・タイプ:液晶テレビ
・サイズ:50インチ
・HDR対応: ◯
・ネット接続:◯

シャープの新開発エンジンを搭載した50型液晶テレビです。

新開発エンジン「AQUOS 4K Smart Engine PRO」は、地上波から4K衛星放送まで、ノイズを低減して色鮮やかな映像で楽しめます。

ネット配信サービスは、NetflixやHulu、アマゾンビデオなど主要なサービスに対応しています。

ネット接続をすれば、搭載されている人工知能がこれまでの視聴、録画記録からユーザーの好みを把握し、おすすめ番組を音声で知らせてくれる最先端機能付きです。

2. 三菱電機 REAL LCD-A40RA1000

三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)
¥139,000 (2019/10/20 19:42:30時点 Amazon調べ-詳細)

基本スペック

・タイプ:液晶テレビ
・サイズ:50インチ
・HDR対応: ◯
・ネット接続:◯
・4Kチューナー内蔵

4Kチューナー内蔵の三菱電機の50インチの4K液晶テレビは、4K解像度のUltra HD Blu-rayの再生や、ディスク録画など、高画質映像を思いっきり楽しめます。

映像を4Kレベルにアップデートして映し出す4Kアップコンバートや、倍速液晶、HDRにも対応し、画質クオリティは文句なしです。

Bluetooth送受信機能で、Bluetooth対応のヘッドホンやスピーカーを使って、映像と合わせて音も快適に楽しめます。

ネット配信サービスは対応サービスが少ないですが、YouTubeやツタヤTV、アクトビラが利用可能です。

3. ソニー BRAVIIA KJ55X8500F


基本スペック

・タイプ:液晶テレビ
・サイズ:55インチ
・HDR対応: ◯
・ネット接続:◯

主要ネット配信サービスは全てカバーしているソニーブラビアの55インチ4K液晶テレビです。

スポーツやアクションなど、動きの早い映像も倍速駆動パネルでなめらかかつ鮮やかに映し出します。画面サイズは85型まであり、大画面で迫力のある映像を自宅で贅沢に楽しめます。

4. パナソニック VIERA TH55FZ950

パナソニック(Panasonic)
¥203,700 (2019/10/21 09:37:21時点 Amazon調べ-詳細)

基本スペック

・タイプ:有機EL
・サイズ:55インチ
・HDR対応: ◯
・ネット接続:◯

パナソニックの4K有機ELテレビは、黒を締まり良く映し出す「ブラックフィルター」搭載で、ライトなどによる光の反射を減らし、くっきりコントラストの映像を楽しめます。音質にもこだわりがあり、高出力アンプで迫力のある音を再生します。

また、番組や映像によって適した音をお好みで設定可能です。音楽番組やスポーツ番組、それぞれに適した音質を選べます。

テレビ画面下部に表示される「かんたんホーム」では、よく見るチャンネルや使うアプリをホームに登録でき、操作がより便利です。

5. LG OLED65C8PJA


基本スペック

・タイプ:有機EL
・サイズ:65インチ
・HDR対応: ◯
・ネット接続:◯

LGの4K有機ELテレビは、映像のノイズ除去にグラデーションの縞模様化を低減する映像エンジンを搭載し、なめらかで立体感のある映像を映し出します。

音声操作が可能な人工知能機能を搭載し、操作も楽チンです。番組や映画のシーンごとに正確な色彩で映像を再現します。

4Kテレビを手に入れてもっと快適なテレビ・映画鑑賞!

高画質でテレビ番組やDVD、ネット動画配信サービスを楽しめる4Kテレビに買い替えませんか?

高画質な最新技術を搭載したテレビが家にあると、自宅で過ごす時間が充実しますよ!10万円以下で購入できるモデルもあるので、テレビの買い替えを検討する際はぜひ参考にしてみてくださいね。

-家電・カメラ
-

Copyright© TSUSHO , 2019 All Rights Reserved.