TSUSHO

あなたの”物欲”を刺激するモノメディア。

家電・カメラ

40型テレビのおすすめ厳選10アイテム!視聴スタイルに合う選び方のコツも

投稿日:

テレビの購入・買い換え時には、様々なサイズ展開やメーカーごとの機能性の多さに迷ってしまうかもしれません。そこで今回こちらでおすすめしたいのが幅広いシチュエーションに合うサイズと言える40型テレビです。

40型テレビがおすすめできる理由や最適なモデルを購入する際に知っておきたい選び方でのポイントのほか、最後にはおすすめ10製品について解説いたします。

「どれも同じように感じられて合ったテレビの選び方がわからない」「テレビを選ぶ際にはどこを見れば良いのかわからず不安」という人は是非ご覧くださいね。

40型テレビがほかのサイズよりもおすすめできるポイント

一般的なリビングに最適なサイズ

まず、メーカーごとに多少の差があるものの40型テレビの画面サイズは88cm×50cmほどです。特にこれまでに小型のテレビを使っていた方にとっては迫力が増していっそう楽しめられますし、家族でテレビを視聴する場合でも丁度良いサイズ感ですよ。

一般的なリビングに最適なサイズである理由として「視聴距離が確保しやすい」というポイントが挙げられます。

そもそも「視聴距離」とは、テレビ画面を最も快適に美しく視聴できる距離としての目安のこと。4KテレビやフルHDテレビなどタイプごとで多少の差がありますが、画面の高さの約1.5倍~約3倍離れた距離が目安となります。

タイプごとの視聴距離の目安

4Kテレビのおすすめ視聴距離:4K (水平3,840×垂直2,160画素) 映像を視聴する場合、画面の高さの約1.5倍 離れた場所が視聴距離の目安とされています。

2K(フルHD)テレビのおすすめ視聴距離:2K映像を視聴する場合、画面の高さの約3倍 離れた場所が視聴距離の目安とされています。

そのほかの場合:画面の高さの約3倍 離れた場所が視聴距離の目安とされています。

引用元:knowledge.support.sony.jp

上記の数字を踏まえると40型テレビの視聴距離は約75cm(4Kテレビ)~約150cm(フルHDテレビ)となります。数多くあるサイズの中でも無理なく視聴距離を確保しやすく、一般的なリビングに最適だと言えるのです。

リビングルームだけでなく書斎や寝室といったスペースにも適したサイズなので、幅広いシチュエーションに対応できるのが40型テレビの特徴の1つとして挙げられます。

中型テレビだからこその豊富なバリエーション

今や40型テレビは液晶テレビの中でも中型サイズに位置します。他のサイズと比較すると寝室や書斎などのプライベートルームからリビングルームまで幅広い部屋に対応できるということで、40型テレビのバリエーションも豊富で選択肢が多くなっています。

4KテレビやフルHDテレビはもちろん、シンプルモデルからブルーレイレコーダー内蔵モデルまで視聴スタイルやこだわりたいポイントに合ったモデルを選べるのも40型テレビの強みです。

ただし、圧倒的高画質を誇る有機ELテレビに関しては、残念ながら40型サイズでの展開がなく50型以上での取り扱いとなっていますのでご注意くださいね。

コストパフォーマンスにも優れている

モデルのバリエーションだけでなく、価格帯でも選択肢が多いのが中型に分類される40型テレビならでは。5万円程度のコスパに優れたものも中にはありますし、高画質の4Kテレビにこだわっても11~15万円で購入できるのが魅力です。

また、定期的に最新機能を備えた新型モデルが発売されますが、あえて型落ちとなったモデルを選ぶとコストパフォーマンスをさらに良くできます。

というのも、最新モデルではなかったとしても何年も経っていない限り、性能面ではほぼ変わりがないという現状があります。そこで最新モデルよりも1つ2つ古い型で検討するという選び方がおすすめできるのです。

購入前に機能性や画質などこだわっておきたいポイントを明確にしておき、それらを満たした型落ちモデルをセール時に購入すれば定価よりも随分とお得になりますよ。

後悔しないための40型テレビの選び方のポイント

バリエーションが豊富なだけに、40型テレビを選ぶ際にはどれを選べば良いか悩んでしまいがち。そこでこちらの項目では40型テレビの選び方として画質や機能性などの6つのポイントを解説いたします。

こだわりたいポイントや視聴スタイルは個々人で異なるかと思いますが、数多くある製品の中から最適な40型テレビを選ぶ際の参考にしてくださいね。

フルハイビジョンテレビ(フルHD) or 4K

フルハイビジョンテレビ(フルHD)のメリットとデメリット

液晶テレビの主流となっているフルハイビジョン(フルHD)テレビは2Kテレビとも呼ばれ、解像度が1920×1080となっています。

フルハイビジョン(フルHD)テレビのサイズ展開は22~80インチとなっていて、50インチ以上の大画面となると画質の粗が気になるのが事実です。これは同じ画素数でも画面サイズが大きくなればなるほど、1つの画素が占める画面の割合が大きくなってしまうからです。

確かにこの解像度が高いほど高画質となり、細かな部分まで綺麗な映像を楽しむことができます。この解像度の点ではどうしてもフルハイビジョン(フルHD)テレビは4Kテレビよりも劣ってしまうものの、40型テレビの画面サイズであれば十分に映像美を楽しむことができますよ。

対してフルハイビジョン(フルHD)テレビのメリットとして挙げられるのが、お手頃価格で良質な製品を購入できることです。コストパフォーマンスではフルハイビジョン(フルHD)テレビのほうが優れていますから、予算が限られていたりそもそも視聴時間が短かったりする人にはおすすめです。

4Kテレビのメリットとデメリット

4Kとは?

私たちが日頃見ている「フルハイビジョン」テレビは解像度が1920×1080です。

このフルハイビジョンの縦横2倍、面積値では4倍の3840×2160が一般的に家庭用テレビとして売られている「4K」です。

4Kはフルハイビジョンのおおよそ4倍の画素数を持つので、より高画質・高詳細な映像を再現します。一般家庭においても、今まで再現できなかった細かい画像や、映画館のような映像を楽しむことができるのです。

引用元:www.kyodo-tv.co.jp

4Kテレビの最大のメリットとして挙げられるのがフルハイビジョン(フルHD)の約4倍を誇る画素数による高画質です。高画質による映像美や臨場感を楽しみたい人、テレビ選びで高画質を優先する人には4Kテレビのほうがおすすめです。

さらに、高画質というだけでなく視聴距離がフルハイビジョン(フルHD)の半分で済むので、「画面の高さ×3倍の視聴距離の確保が難しい」という方にも適しているのが4Kテレビの特徴です。

ただし、価格帯ではフルハイビジョン(フルHD)よりも高いというのが4Kテレビのデメリットとして挙げられますから、予算と相談して検討するようにしましょう。

画質にこだわるなら4K、コスパ重視ならフルハイビジョン(フルHD)を

メリット デメリット
フルハイビジョン
(フルHD)
・手頃で良質な製品が購入でき、コストパフォーマンスに優れている ・画質では4Kテレビよりも劣ってしまう
・視聴距離の確保が難しい場合も
4K ・高画質による臨場感や映像美を楽しむことができる
・視聴距離がフルハイビジョン(フルHD)の半分で済み、場所の確保が比較的簡単
・フルハイビジョン(フルHD)よりも価格帯が高め

これまでにご紹介しましたフルハイビジョン(フルHD)テレビと4Kテレビそれぞれのメリットとデメリットをまとめると上記のようになります。

フルハイビジョン(フルHD)がおすすめできる人 4Kテレビがおすすめできる人
・テレビ選びではコストパフォーマンスを優先したい人
・予算が限られているものの、良質な製品を購入したい人
・使用時間や視聴時間が比較的短い、またはそういう部屋用のテレビを探している人
・テレビ選びで高画質を優先したい人
・高画質ならではの映像美や臨場感を楽しみたい人
・画面の高さ×3倍の視聴距離の確保が難しい人

フルハイビジョン(フルHD)テレビと4Kテレビのメリットとデメリットを踏まえると、それぞれがおすすめできる人としては上記のような特徴が挙げられますので検討の際には参考にしてみてくださいね。

LEDバックライトの種類にこだわる

画面を照らすLEDバックライトには「直下型LED」と「エッジ型LED」の2種類があります。画質にこだわる人は画素数に加えて、このLEDバックライトの種類にこだわってみましょう。

直下型LEDとエッジ型LEDそれぞれの特徴とは

LEDバックライトを、液晶パネルの直下に配置した「直下型」と、上下左右に配置する「エッジ型」の2つのタイプがあります。

画面全体に散りばめられたLEDの輝きを高精度に制御することによって、これまで以上にリアルな精細感や豊かな色再現を実現します。

徹底的に高画質を追求したいお客様には「直下型」のモデルがオススメです。

引用元:www.biccamera.com

まず、「直下型LED」とは液晶モニターの裏側にLEDが敷き詰められたタイプで、LEDライトの数が多いので高画質を楽しむことができます。しかしながらLEDライトをたくさん敷き詰める性質上、どうしても画面に厚みが出てしまったり価格が少し高くなったりといったデメリットも。

対して「エッジ型LED」では液晶モニターの上下にだけLEDを配置&光を拡散させて映すタイプで、LEDライトの数が「直下型LED」よりも少ないので画質では劣ってしまいます。しかし液晶が薄型で場所を取りにくく、価格も抑えられやすいというメリットがありますよ。

チューナー数&録画機能をチェック

テレビ放送を受信するチューナーが2つ以上搭載されているテレビでは、番組を視聴しながら他の番組を視聴できるという視聴スタイルが可能です。

見たい番組数が多い人や録画でも番組を楽しみたい人はチューナー数を必ずチェックしておきましょう。

ブルーレイレコーダーをはじめとした録画機器を持っていない人は、テレビ本体にブルーレイレコーダーや録画番組を保存するHDDが内蔵されたモデルも選択肢となるはず。

こうしたレコーダー内蔵モデルはテレビ本体だけで録画・録画再生だけでなくブルーレイ再生やダビングも可能になり、別にレコーダーを設置せずに済むのでスペースにも困らないという魅力がありますよ。

録画での視聴が中心の人は内蔵HDDの容量をチェックすると同時に、外付けHDD対応かどうかも確認しておきましょう。

外付けHDD対応のモデルではテレビにUSBケーブルでHDDを繋いで録画できるテレビですから、内蔵HDDの容量が足りなかったりデータを整理したりするときに便利ですよ。

音質重視ならオーディオ&音声機能にもこだわって

テレビの臨場感を楽しみたい人は、画質に加えてオーディオや音声機能もチェックしてみましょう。

各メーカーでスピーカーをはじめとしたオーディオ機器で有名ブランドを採用し、映像美と合わせてさらなる臨場感が楽しめるシリーズが展開されていますよ。

採用されているブランドだけでなく、スピーカーの種類や搭載数とその配置、また店頭で実際にサウンドを聞いて音質を確かめてみるのもおすすめです。

液晶テレビでは薄型モデルを追求する中でスピーカーユニットが搭載されにくくなっている現状もありますから、とにかく音質にこだわりたい人はサウンドバーを別途購入&設置を検討するのも賢明ですね。

音声機能では音量を抑えた視聴環境の中で役立つ「人間の声だけをクリアにして聞き取りやすくする機能」もあります。視聴環境を今一度明確にしたうえで音声機能を確認するようにすれば、より快適なテレビ視聴が可能となります。

ネットワーク機能&入出力端子も忘れずに確認

ネットワーク機能に関して言うと、ミドルクラス以上のモデルでは有線LAN機能や無線LAN機能を搭載し、インターネット接続から動画配信サービスを楽しめるようになっています。テレビで動画配信サービスを楽しみたい人は必ずネットワーク機能を確認してくださいね。

また、ブルーレイレコーダーやホームシアターそれにゲーム機などテレビに繋いで使用する機器が多い人は、このHDMI端子の数がこだわっておきたいポイントとして挙げられます。

HDMI端子は最低でも1つは搭載されていて、ミドルクラスでは2つが主流となっています。さらに上のハイエンドモデルでは4つ搭載されているものも。テレビ入力端子としてはHDMI端子の数をチェックしましょう。

【厳選】40型テレビのおすすめ10製品を解説

これまでにご紹介しました他のサイズと比較して40型テレビでおすすめできるポイント、40型テレビの選び方のポイントを踏まえたうえで、数多くある製品の中から特におすすめできるアイテム10製品をご紹介します。

10製品それぞれでは4Kテレビ・フルハイビジョン(フルHD)テレビ以外にも、メーカーやモデルでの特徴に違いがあります。こだわりたいポイントにより適した製品を選ぶ際の参考にしてくださいね。

1.シャープ(SHARP) AQUOS(アクオス) [40V型 /4K対応] 4T-C40AJ1

シャープ(SHARP)
¥65,680 (2019/11/12 13:24:10時点 Amazon調べ-詳細)

4Kテレビならではの高画質に加えて、照明や外構の反射を低減する「4K低反射パネル」が採用。これにより画面への映り込みが気になりにくく、高繊細で迫力のある映像に没入できるように。

人工知能が最適なAIoTサービスを届ける「COCORO VISION」の搭載からは、よく見る番組や利用した時間帯などを学習&好きなジャンルの番組やよく見るタレントが出演する番組・作品を音声で知らせてくれるという便利機能が!毎日の視聴がより快適になりますよ。

また、音声を前方に導く新機構「FRONT OPEN SOUND SYSTEM」の採用から音抜けの良いクリアなサウンドがダイレクトに届くようになりました。聞き取りやすさの向上に加えて、臨場感あふれる映像体験も。

こちらのモデルは4Kテレビの中でもお手頃価格なのも魅力。画質と音質の両方にこだわりたい人、4Kテレビに憧れるけれど予算との兼ね合いが心配と感じる人におすすめです。

2.シャープ(SHARP) AQUOS(アクオス) [40V型 /フルハイビジョン] 2T-C40AE1


4K対応の上記「AQUOS(アクオス) 4T-C40AJ1」に対して、こちらのモデルはフルハイビジョン(フルHD)のテレビです。

4Kテレビよりも画素数ではお取りますが、フルスペックハイビジョンパネル採用&液晶パネル直下に配置したLEDバックライトによってクリアな映像が楽しめられます。

地上・BS・110度CSデジタルチューナーが2基搭載されているほか、USB外付けHDD対応なので裏番組録画も可能。リモコンに搭載された「番組検索」ボタンでは、番組カテゴリや人名などの情報を選ぶだけで取りたい・見たい番組を絞り込んで検索できる便利機能付き。

高画質で使いやすく、そしてコストパフォーマンスに優れた製品を探している人はこちらの「AQUOS(アクオス) 2T-C40AE1」を選択肢として加えてみてはいかがでしょうか?

3. TCL 40V型 デジタルフルハイビジョン液晶テレビ 40D2900F


フルハイビジョン(フルHD)テレビであるこちらの製品の最大の特徴はなんと言ってもコストパフォーマンスの良さです。最安値で3万円前後とお手頃価格なうえに、HDMI端子は4基搭載&充実の裏録画再生対応と機能性もバッチリ。

USBデバイスにも対応していて、画面で写真をスライドショーで表示したり、音楽、動画も楽しめたりとテレビ以外の使いみちも可能。ネットワーク機能も搭載されているので、コスパを優先したい人や価格を抑えながら過不足ない機能性を求める人におすすめです。

4.東芝(TOSHIBA) REGZA(レグザ) M510Xシリーズ[40V型/4K対応] 40M510X


4K対応のこちらの製品はREGZAシリーズの中でも、映像処理エンジン「レグザエンジンBeauty」を搭載したモデルです。「美肌リアライザー」と「地デジビューティ」によって人肌の質感をリアルに映し出すとともに、地デジ放送のノイズ低減と高画質を実現。

チェック

美肌リアライザー:立体感や奥行感のある映像を再現し、リアルな人肌感をはじめとしたコントラスト感のある立体的な表現が実現
地デジビューティ:ブロックノイズやモスキートノイズを低減し、映像や文字がさらにくっきりする機能

加えて、新開発「クリアブラックパネル」を採用し、引き締まった黒の表現とともに繊細な高画質が魅力として挙げられます。

音質ではONKYO(オンキヨー)と共同開発した新開発スピーカーをテレビの前面に配置。これにより、低温から高温までクリアに届きながら厚みのある豊かなサウンドが実現しました。

高画質と音質の両方にこだわりたい人、特に映画をはじめとした臨場感あふれる映像体験をしたい人も納得の性能性を誇りますよ。

5.東芝(TOSHIBA) REGZA(レグザ) V31シリーズ[40V型/フルハイビジョン] 40V31


こちらの製品はフルハイビジョン(フルHD)テレビではありますが、上記のモデル「REGZA(レグザ) M510Xシリーズ[40V型/4K対応] 40M510X」と同様の「地デジビューティ」が搭載。

上記の4K対応テレビよりも画質では劣ってしまうものの、フルハイビジョン(フルHD)テレビの中でも高画質を誇るモデルとなっています。

加えて、テレビの前面に配置された「クリアダイレクトスピーカー」によって、臨場感のあるサウンド体験も実現。

地デジ・BS・110度CSデジタル放送用のチューナーをそれぞれ3基ずつ搭載されているので、番組の視聴中でも別の2番組の同時録画が可能なのも魅力として挙げられます。

番組視聴は録画が中心な人はもちろん、テレビ視聴と同時に録画から様々な番組を楽しみたい人には、フルハイビジョン(フルHD)テレビの中でもこちらのモデルがおすすめだと言えますよ。

6.三菱(Mitsubishi Electric) REALシリーズ[40V型 /フルハイビジョン] LCD-40ML8H

REAL
¥43,800 (2019/11/12 13:24:12時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの製品の最大の特徴は、低価格ながらも豊富な機能性から快適にテレビ視聴ができる点です。

  1. オートターン:リモコン操作で画面を見やすい角度に「オートターン」し、いつでもどこでもベストポジションでの視聴が可能。正面に戻すのもリモコンのボタン1つでOK!
  2. SDカードスロット搭載:SDカード動画(AVCHD方式)をテレビ画面で再生可。SDカードスロット搭載のデジタルビデオカメラで撮った動画のほか、静止画も再生できます。
  3. 外付けHDD対応:市販のUSBハードディスクをつなぐだけで、付属のリモコン操作で録画・再生が簡単にできますよ。外付けHDDは最大8台まで登録可能なので、容量を気にせずどんどん録画できます。

三菱の超解像技術「DIAMOND HD」の採用から、DVDなどの標準画質の画像もくっきりと鮮やかに再現。

音質面でも「音ハッキリ」搭載により小さい音でもハッキリ聞こえるほか、サラウンド感覚で楽しめる「DIATONE サラウンド2.0」や画面から音が出ているかのような「DIATONEリニアフェイズ」が搭載。

画質や音質の面にこだわるだけでなく、日々の視聴が快適になる様々な機能性を低価格で求めるならこちらのモデルをおすすめします。

7.ソニー(SONY) BRAVIA(ブラビア) フルハイビジョン液晶テレビ43V型 KJ-43W730E


ソニーでは40型テレビの取り扱いはないものの、43型テレビがこれまでの製品と同程度の価格で購入できるのが魅力です。

中でもこちらのモデルはフルハイビジョン(フルHD)テレビです。しかしながら、超解像エンジン「X-Reality PRO(エックス リアリティー プロ)」の搭載により、地デジ放送やブルーレイディスクそれにネット動画など様々なコンテンツの臨場感を高めてくれますよ。

TV番組の視聴中でも裏番組が同時に録画できる「外付けHDD裏番組録画機能」のほか、「オートチャプター」「1.3早見再生」など豊富な再生機能も備わっています。

無線LAN内蔵なので自宅に無線LAN環境があれば、ワイヤレスでネット動画やネットゲームを高画質で楽しめられます。

テレビ視聴だけでなく、ネット動画やテレビゲームといった様々なコンテンツを高画質で楽しみたい人に適したモデルとなっています。

8. ジョワイユ 液晶テレビ JOY-40VHD184


ジョワイユはこれまでにご紹介しました東芝やシャープそして三菱に比べると認知度が低いかもしれませんが、低価格で良質な液晶テレビを購入したい人は必見のメーカーです。

というのもこちらのモデルはフルハイビジョン(フルHD)テレビで価格が3万円前後という抜群のコストパフォーマンスの良さを誇っているからです。さらにはHDMI端子を4基搭載し、MHLにも対応することからスマートフォンの映像を画面に映し出すことも可能。

3波対応テレビ&Wチューナー内臓で外付けHDDを別途購入することで裏番組録画可能&となっていますから、費用を抑えたい人や液晶テレビとしての最低限の機能性があればOKという人におすすめです。

9. 三菱電機(MITSUBISHI) REAL [40V型 /4K対応 /BS・CS 4Kチューナー内蔵] 液晶テレビ LCD-A40RA1000

三菱電機 (MITSUBISHI)
¥139,000 (2019/11/12 23:14:40時点 Amazon調べ-詳細)

三菱のREALシリーズは1つご紹介しましたが、こちらのモデルは業界初「新4K衛星放送チューナー」と「Ultra HD ブルーレイ」を内蔵した4K対応テレビです。

録画一体型ですから新4K衛星放送の録画・再生・ダビングがこれ1台で可能ですし、内蔵HDDも2TBと十分な容量となっているので様々なコンテンツを十分に楽しめられますよ。

画質でもこだわり抜かれた機能性で、黒が締まる「DIAMOND Panel」&ノイズ低減機能を装備した「DIAMOND Engine 4K」により高画質かつクリアな映像美を実現。音質面でもDIATONE NCV スピーカー」で臨場感あふれるサウンドを演出。

無線LAN内臓でワイヤレスでネット動画も手軽に視聴可能なので、テレビ視聴から録画再生そしてネット動画まで多くのコンテンツを1台でOK!

画質や音質にこだわりながらブルーレイレコーダー内臓の4Kテレビをお探しの方は、こちらの製品を選択肢の1つに加えてみてくださいね。

10.パナソニック(Panasonic) VIERA(ビエラ)地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ TH-43FX750

パナソニック(Panasonic)
¥90,000 (2019/11/12 13:24:13時点 Amazon調べ-詳細)

最後にご紹介しますこちらのモデルは43型フルハイビジョン(フルHD)テレビですが、高画質処理技術「ヘキサクロマドライブ」によりクリアで鮮やかな映像本来の質感が楽しめるのが魅力のモデル。

「4K高輝度IPSパネル」と「Wエリア制御」からもコントラスト感のあるハッキリとした映像が実現されています。

USBハードディスクにつなげれば2番組同時録画が可能なので、録画番組を楽しみたい人や録画での視聴が中心の人にもおすすめです。

新開発の「転倒防止スタンド」は吸着機能付きで地震に強く倒れにくく、音声操作が可能な「らくらくリモコン」が付属と細かな機能性も充実していますよ。

まとめ

様々なシチュエーションに合う40型テレビの選び方やおすすめモデルをご紹介してきましたが、数多くある製品の中から満足できるモデルを選び取る自信が今ひとつ持てない人もいるかもしれません。

そんな人は「普段の視聴スタイルを明確にしておき、欲しい機能やこだわりたいポイントを絞り込む&それに応じたモデルを選ぶこと」こそ、テレビ選びで大切であることを胸に留めて置いてくださいね。

録画したものを見るのか、何かの番組を見ながら裏の番組を録画して後日楽しむのか……などなど視聴スタイルは個人で大きく異なるように、液晶テレビの機能性やスペックも少しずつ異なります。

視聴スタイルを今一度振り返り、欲しい機能を絞り込んだり画質や音質などこだわりたいポイントをハッキリさせたりすれば、予算の中でより最適な40型テレビを選び取ることができますよ。

さらに快適な視聴環境のためのテレビ選びの際には、今回こちらでご紹介しました選び方でのポイントやおすすめ製品などの内容を参考にしていただければ嬉しいです。

-家電・カメラ
-

Copyright© TSUSHO , 2019 All Rights Reserved.